手汗 対策

手汗対策にはどんな方法がある?

手汗で悩む人はどんな季節でも汗をかいてしまうため対策が必要です。
手汗対策には、どんな方法があるのでしょうか?

 

一番手っ取り早いのは、市販の制汗剤ですが、市販のものはワキ汗用がほとんどで手汗用はほとんどありません。また、ワキ用をつけても効果は期待できません。

 

なぜなら、ワキ用の制汗剤というのは、ニオイの原因となる「アポクリン汗腺」に作用します。手汗の原因というのは、
「エクリン汗腺」が多くあることです。そのため、「アポクリン汗腺」に働き掛ける、ワキ用の制汗剤では効果は期待できません。

 

最近では、「ファリネ」という効果的な商品が出てきたので、一時的に汗を止めるなら、このような制汗剤を使うのがおすすめです!

 

 

その他の手汗対策

手汗は、緊張やストレスが原因になることが多いため、リラックスすることで汗を軽減することができます。そのため、ツボや漢方薬などを利用するのもいいでしょう。

 

合谷という人差し指と親指の付け根にあるつぼをゆっくり押してみましょう。もちろん1回ですぐ直るわけではないので、時間を見つけて数回継続してみるのが大事です。

 

殺菌、制汗作用で有名なミョウバンも効果的です。薬局などで簡単に購入できるので、誰でも作ることができます。ミョウバン20グラムに対して、水500ミリリットルで溶かします。もし、敏感肌の場合は、実際に使用するときはこれをさらに水で薄めて手に塗りましょう。薄めないで使用するとかゆみや痛みの原因となるので注意が必要です。

 

漢方は、手汗に直接作用するものではありませんが体質改善、リラックス効果があるものがよいとされています。桂枝加黄ぎ湯(けいしかおうぎとう)や柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)が体内の水分循環の調整や緊張の緩和に効果があります。

 

この他にも食生活の改善なども有効とされています。いずれにせよ体質改善には時間がかかるものと考えておくといいでしょう。

 

 

 

 

手汗対策記事一覧

手術に比べればリスクが低いということでボトックス注射を病院で勧められることがあります。ボツリヌス毒素で神経伝達を阻止して汗を抑えるというものです。とはいってもいつまでも汗が止まるわけではなく、3か月程度したら効き目がなくなるのでまた注射をしないといけません。つまりは継続しないといけないので治療費が高額になるのです。ボトックス注射ってどんなことをするの?ワキや額は効果が大きいとされていますが、それで...

手汗で悩んでいる方は、その対策として手術を検討した方もいるのではないでしょうか?手のひらの多汗症は手掌多汗症と呼ばれ、それに効果があるのはETS(腔鏡下胸部交感神経遮断術)です。大量に発汗させてしまう交感神経の働きを止めます。汗をかく神経そのものがなくなるので、汗をかかなくなります。ETSってどんな手術?手術の方法としてはワキの下に数ミリの穴をあけ、そこに内視鏡をいれます。そして交感神経の束を見つ...

手汗は、病院に行かないと治らないと思っている人も多いようですが、よほどの重度の多汗症でない限り自宅でのケアで治ります。手汗の原因が自律神経の乱れにあるためです。食生活の乱れや不規則な生活、仕事のストレスなどで自律神経のバランスが崩れると汗が増えたり、匂いの強い汗をかくことがあります。神経質な性格であったり、対人恐怖症であったりすると小さいことでも気になってしまい、緊張状態が続くと汗をかきます。汗を...

普通の制汗剤を使ってもいまいち効果が出ないという方も多いと思います。それは使う商品を間違えているから効かないのです。一般的に販売されている制汗剤のほとんどはワキ汗用なので手汗用とは成分が違います。ワキの汗はアポクリン汗腺からの汗ですが、手汗足汗はエクリン汗腺という別の汗腺から出る汗です。そのため手汗専用商品を選ぶ必要があるのです。最近になってようやく国産の手汗用パウダーが販売されるようになりました...

汗のケアで有名なのがミョウバンです。殺菌消臭効果もあり、自宅でも簡単にケアできます。ミョウバンは薬局などで手軽に購入できて費用もさほどかかりません。30グラムで100円程度です。ただし水できちんと薄めずに使ってしまうと肌に刺激が強いため、しっかりと薄めて使用するのを忘れずに。ミョウバンと水の比率は1対150です。消臭スプレーとしても使えますが、お風呂に入れてもいいですし、靴の消臭にも使えるなどとて...