手汗 手術

手汗の手術はおすすめ?

手汗で悩んでいる方は、その対策として手術を検討した方もいるのではないでしょうか?

 

手のひらの多汗症は手掌多汗症と呼ばれ、それに効果があるのはETS(腔鏡下胸部交感神経遮断術)です。大量に発汗させてしまう交感神経の働きを止めます。汗をかく神経そのものがなくなるので、汗をかかなくなります。

 

ETSってどんな手術?

手術の方法としてはワキの下に数ミリの穴をあけ、そこに内視鏡をいれます。そして交感神経の束を見つけて切断します。時間は30分程度で日帰りで帰れる病院もあります。

 

傷口が小さいので痛みが少ないのが特徴です。しかし、副作用がないわけでなく多くの人が代償性発汗といわれる後遺症で苦しんでいるようです。

 

手のひらの汗が出ないため代わりに別の場所から発汗します。また、熱がこもって顔がほてるというひともいます。

 

費用は高いの?

ETSの費用は、健康保険が使えるので3割の負担で受けることができます。自己負担額は10万円程度です。

 

手術は全身麻酔で行います。体調によっては手術後に宿泊する方もいます。麻酔が切れると痛みが出てくるので
痛みどめの薬が処方されますが、人によっては痛みが強いこともあるようです。

 

高額療養費制度適用になるので手続きをすれば、一定額が戻ってくるので事前に高額療養費限度額適用認定証を準備しておくと便利です。

 

病院を選ぶ時は手術前にきちんと納得いくまで説明を受け、麻酔科医が常勤しているところが良いでしょう。手術中にトラブルがあった際にもすぐに対応できるからです。手術後に体調を崩す方もいますので、手術を受けるかどうかは慎重に決めた方がいいと思います。

 

関連ページ

手汗対策にボトックス注射は高すぎる!
手汗対策の方法には色々ありますが、ボトックス注射ってどうなんでしょう?ボトックス注射の気になるコストパフォーマンスをご紹介します!
手汗を治すには病院に行くべき!?
手汗に悩んでいる方って、誰にも相談できずに病院に行くべきかどうかも悩んでいる方が多いと思います。病院に行くべきか悩んだら当サイトへお立ち寄り下さい!